平成30年度 第39回大宝蔵展「高野山の名宝-もののふと高野山-」

武士の読み方の一つに「もののふ」とあります。武士と聞くと多くの人は戦国時代をイメージされるかと思います。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など多くの戦国武将が全国各地で戦を行っていました。その全国各地で活躍した戦国武将のお墓が高野山にはあり、また武将ごとに関係の深いお寺もあります。今回の展覧会では高野山に伝わる戦国武将にゆかりのある品を中心に展示します。

基本情報

期間
7月14日(土)~10月8日(祝・月) *前期:7/14~9/2、後期:9/4~10/8
開催地
高野山霊宝館
連絡先
高野山霊宝館
電話番号
0736-56-2029
FAX番号
0736-56-2806
ホームページ
高野山霊宝館ホームページ
実施時間
4月30日まで8時30分~17時5月1日から8時30分~17時30分※入館は30分前まで
予約
不要
所要時間
30~40分
利用料金
一般:600円 高校生・大学生:350円(※学生証提示必要) 小学生・中学生:250円

アクセスマップ

南海電鉄難波駅から特急で極楽橋まで約1時間25分、急行で約1時間40分。JR和歌山から和歌山線で橋本駅で南海高野線に乗換、極楽橋まで。極楽橋からはケーブルカーで高野山へ。 高野山駅より南海りんかんバス/奥の院行きにて「千手院橋」下車、徒歩10分。もしくは大門行きにて「霊宝館前」下車。

このページのトップへ