平成30年度秋期企画展「“香り”の荘厳」

仏教と「香り」、というと身近なところでは線香や焼香、また高野山では奥之院御廟前の線香の煙や、大塔を内拝するときの塗香を思い浮かべる方もおられるかと思います。インドを起源とする仏教や密教において、「香り」はほとけさまを供養し喜ばせる、ほとけさまの空間を荘厳する(飾る)、あるいは清めるなど、さまざまな役割を担っています。その歴史は非常に古く、日本における「香り」の文化は、仏教伝来以降、発展していきました。?本展では、仏教・密教における「香り」の役割に注目し、高野山に伝わる「香り」に関わる宝物を展示いたします。

基本情報

期間
~1月14日(祝・月)※12月28日(金)~平成31年1月4日(金)は休館
開催地
高野山霊宝館
連絡先
高野山霊宝館
電話番号
0736-56-2029
FAX番号
0736-56-2806
ホームページ
高野山霊宝館ホームページ
実施時間
8時30分~17時※入館は閉館の30分前まで
予約
不要
所要時間
30~40分
利用料金
一般:600円 高校生・大学生:350円(※学生証提示必要) 小学生・中学生:250円

アクセスマップ

南海電鉄難波駅から特急で極楽橋まで約1時間25分、急行で約1時間40分。JR和歌山から和歌山線で橋本駅で南海高野線に乗換、極楽橋まで。極楽橋からはケーブルカーで高野山へ。 高野山駅より南海りんかんバス/奥の院行きにて「千手院橋」下車、徒歩10分。もしくは大門行きにて「霊宝館前」下車。

このページのトップへ