現在表示しているページ
ホーム > 新着情報 > ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで三つ星として紹介された★★★ 高野山・熊野古道|新着情報

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで三つ星として紹介された★★★ 高野山・熊野古道

2011年8月18日

大手タイヤメーカーであり、レストランやホテル、観光ガイドブックの発行社としても知られるミシュランタイヤは、日本に関する旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」の掲載地をさらに充実させて、改訂第2版を発行しました。

初版の高野山に続いて、この第2版では、「熊野古道」が新たに最高評価の三つ星として掲載され、二つ星であった「那智の滝」や「熊野三山」などは三つ星に昇格しました。

ミシュラン・グリーンガイドとは

1926年にブルターニュ編が刊行されて以来、80年以上の歴史を持つミシュラン・グリーンガイドには、好奇心に満ちた旅行者たちが、訪れる土地をよりよく理解し、充実した旅を楽しめるような情報が満載されています。
豊かな自然や多彩な文化に触れることができる興味深い観光地が紹介されており、掲載地は旅行者へのお薦め度という観点で、星なしから「わざわざ旅行する価値がある」という三つ星まで分類されています。
星は「わざわざ旅行する価値がある(★★★)」、「寄り道する価値がある(★★)」、「興味深い(★)」を意味します。この評価は、「ミシュラン・グリーンガイド」独自の9つの基準に従って決められます。

  1. 旅行者がその観光地を訪れた時に受ける第一印象
  2. その場所の知名度
  3. 文化財の豊かさ、レジャーの充実ぶり
  4. ユネスコの世界遺産などの公的評価
  5. 芸術品や史跡の固有の美術的評価
  6. 美観
  7. 作り物ではない本物としての魅力と調和
  8. 旅行のしやすさと利便性(施設整備、アクセス、維持管理など)
  9. 旅行者の受入れの質

(2011年5月11日 日本政府観光局・日本ミシュランタイヤ株式会社 PRESS INFORMATIONより)