現在表示しているページ
ホーム > 新・紀州語り部の旅 - 参詣道編トップページ > 熊野古道 中辺路 >

熊野古道 中辺路

 
熊野古道 中辺路全体図

地図上のエリアをクリックして下さい。


熊野三山の霊域~熊野古道中辺路

平安時代から江戸時代にかけて、多くの参詣者でにぎわったといわれる熊野古道「紀伊路」は、京都から淀川を下り、大坂窪津から陸路を南下、和歌山、田辺を経て紀伊山地に分け入り、熊野三山に通じました。このうち、田辺から本宮、新宮、那智に至る山岳路が、のちに「中辺路」(なかへち)と呼ばれるようになりました。
特に平安時代から鎌倉時代に皇族貴族が延べ100回以上も繰り返した「熊野御幸」では、中辺路が公式参詣道(御幸道)となりました。

その当時の旅は、人影の少ない長く険しい山道を越えるだけでなく、たとえ寒い早朝であっても水垢離(水浴び)をして心身を浄めながら、ひたすら熊野の神々や仏の救いを心に念じ熊野三山へと歩みを進めるもので、山岳修行色が極めて濃厚でした。

そして今、もう一度いにしえ人の熊野詣の様子を思い浮かべ、私たちはいかにして熊野の歴史を受け継ぎ、後世に伝えられるか、考えてみてはいかがでしょうか。

熊野古道 中辺路

熊野那智大社熊野本宮大社熊野速玉大社
写真左から熊野那智大社、熊野本宮大社、熊野速玉大社