現在表示しているページ
ホーム > 新・紀州語り部の旅 - 参詣道編トップページ > 熊野古道 小辺路 >

熊野古道 小辺路

 
熊野古道 小辺路全体図 ろくろ峠越え 果無越え 大辺路 富田坂 大辺路 仏坂 大辺路 長井坂

地図上の3つのエリアをクリックして下さい。


観音巡礼の面影を遺す石畳道(小辺路)

高野山大門の南側から高野山大学の裏手に続いている高野山のかつての外周道(結界道)、いわゆる女人道の終点である、ろくろ峠を起点として、高野山と熊野本宮を最短距離で結ぶ約70kmの街道を高野街道もしくは熊野古道小辺路といいます。
途中、水ヶ峰、伯母子岳、三浦峠、果無峠と、1000m級の山越えがあり、最短ルートといえどもかなり険しい山岳道です。江戸時代中期の『三熊野道中日記』には、摂津国の造酒屋、八尾八左衛門が三泊四日で高野山から熊野本宮に至ったと記されています。

熊野古道 小辺路