現在表示しているページ
ホーム > 世界遺産 高野・熊野 > 新・紀州語り部の旅 - 参詣道編 トップ > 和歌山県 紀州語り部(ガイド)一覧表

和歌山県 紀州語り部(ガイド)一覧表
紀州路でもっと楽しい旅をしてみませんか

『紀伊山地の霊場と参詣道』として、熊野信仰の中心地である「熊野三山」、真言密教の根本道場である「高野山」、修験道の拠点である「吉野・大峯」の三霊場及びそれらを結ぶ参詣道「熊野参詣道」「高野山町石道」「大峯奥駈道」が世界遺産に登録されています。和歌山県では、県内の各地でみなさまをご案内する語り部組織や個人の語り部を「和歌山県観光ガイド専門員 紀州語り部」として登録し、ガイド情報の提供役立てています。紀州語り部とともに旅することにより、より深く和歌山を知り、味わうことが出来るはずです。お気軽にお申し付けください。

お問い合わせ先(語り部団体)

※語り部(ガイド)26(組織)登録

市町村名 語り部団体名 電話番号 主なガイド内容
和歌山市 和歌山市語り部クラブ 073-433-8118
和歌山市観光協会内
和歌山城・和歌の浦等
和歌山市 観光ガイド和歌山 090-3351-9059
松浦光次郎氏
和歌山城・友ヶ島等
市町村名 語り部団体名 電話番号 主なガイド内容
海南市 海南市語り部の会 073-483-8461
海南市産業振興課内
熊野古道
紀伊路ルート等
海南市 紀伊路語り部の会 073-482-2018
柴田雄蔵氏
熊野古道 紀伊路ルート等
市町村名 語り部団体名 電話番号 主なガイド内容
橋本市 橋本観光ガイドの会 0736-33-3552
橋本市観光協会内
橋本市街地等
橋本市 高野七口再生保存会 070-2614-9671
児玉氏(事務局)
高野七口、女人道、高野山内
市町村名 語り部団体名 電話番号 主なガイド内容
九度山町 高野山町石道 語り部の会 0736-54-4915
九度山町産業振興課内
高野山町石道等
市町村名 語り部団体名 電話番号 主なガイド内容
高野町 高野みらい語り部の会 0736-56-2900
090-8827-6035
門谷均氏
高野山内
高野山町石道等
市町村名 語り部団体名 電話番号 主なガイド内容
田辺市 NPO法人漂探古道 0739-64-1350 熊野古道 中辺路ルート等
(滝尻周辺等)
田辺市 田辺観光ボランティアガイドの会 0739-25-4919
田辺市観光センター2階
田辺市街地等
(闘鶏神社等)
田辺市 熊野本宮語り部の会 0735-42-0735
世界遺産 熊野本宮館内
熊野古道
中辺路ルート等
(熊野本宮大社等)
田辺市 うた加楽衆 0739-64-1870
小松勇二郎氏
熊野古道 中辺路ルート等
(滝尻王子周辺等)
田辺市 熊野三体月 語り部の会 0739-26-2414
鳥越義弘氏
熊野古道 中辺路ルート等
田辺市 田辺国際 英語ガイドの会 0739-26-0710
関岡秀夫氏
熊野古道 中辺路ルート等
※外国語での対応可能
田辺市 熊野古道語り部の会 0739-24-9578
北本弘氏
熊野古道 中辺路ルート等
田辺市 NPO法人
Mi・kumano
0739-33-7451
田辺市観光センター2階
熊野古道 中辺路ルート等 
※外国語での対応可能
田辺市 古道語り部・熊野赤リュック 090-5067-1068
水本好則氏
熊野古道 中辺路ルート等
田辺市 熊野百間渓谷自然学校 0739-49-0434  
田辺市 Kumano Trek 0739-25-0646
Kumano.trek@yahoo.com
辻内秀治氏
熊野古道 中辺路ルート等
※外国語での対応可能
市町村名 語り部団体名 電話番号 主なガイド内容
白浜町 熊野人倶楽部 0739-43-3171
濱田八洲男氏
白浜町内等
市町村名 語り部団体名 電話番号 主なガイド内容
新宮市 新宮市観光ガイドの会 0735-22-2840
新宮市観光協会内
熊野古道 中辺路ルート等
(熊野速玉大社等)
新宮市 熊野川町語り部の会 0735-22-2840
新宮市観光協会内
熊野古道 中辺路ルート等
(大雲・小雲取越等)
新宮市 熊野川川舟下り語り部の会 0735-44-O987
熊野川総合開発センター内
熊野古道
(熊野川川舟ルート等)
市町村名 語り部団体名 電話番号 主なガイド内容
那智勝浦町 熊野・那智ガイドの会 0735-52-5311
那智勝浦町観光協会内
熊野古道 中辺路ルート等
(熊野那智大社等)
那智勝浦町 那智勝浦町観光ボランティアガイドの会 0735-52-0555
那智勝浦町産業観光課内
熊野古道 中辺路ルート等
(熊野那智大社等)
市町村名 語り部団体名 電話番号 主なガイド内容
串本町 熊野古道大辺路刈り開き隊 0735-62-5458
上野一夫氏
熊野古道
大辺路ルート等

お問い合わせ先(語り部個人)

※語り部(ガイド)50名 (個人)登録

市町村名 登録者数 電話番号 主なガイド内容
紀の川市 1名 0736-77-0843
0736-73-3928
紀の川市商工観光課
ホームページ
西国三十三ヶ所の第三番札所として多くの参詣客が訪れる粉河寺をはじめ、史跡紀伊国分寺や世界で初めて全身麻酔による乳癌摘出手術を成功させた医聖 華岡青洲ゆかりの地、旧貴志川町平池など散策しながら紀の川市内の歴史や伝統、偉業などについてご案内します。
橋本市 3名 0736-33-1111
0736-33-1665
橋本市商工観光課
ホームページ
日本最古の国宝「人物画象鏡」で知られる隅田八幡神社、秀吉が高野参詣の際に逗留所とした重要文化財「利勝護国寺」、中将姫伝説で知られる恋野(こいの)旧跡案内などをご案内いたします。
かつらぎ町 4名 0736-22-0300
0736-22-6432
かつらぎ町産業観光課
ホームページ
「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産登録された金剛峯寺の鎮守である丹生都比売神社は、貴重な文化財や国宝を多数有しており、同時に世界遺産となった参詣道高野山町石道の中間に位置しています。
有田市 4名 0737-83-1111
0737-83-3108
有田市産業振興課
ホームページ
市内に数多く点在する文化財の説明や熊野古道を実際に歩いて見学したり、熊野古道沿いにある熊野古道歴史民俗資料館に展示している資料も分かりやすくご案内します。
有田川町 3名 0737-52-2111
0737-32-9555
有田川町商工観光課
ホームページ
江戸時代初期に初代大庄屋・笠松左太夫によって開かれた水田「あらぎ島」は、扇状に広がる棚田で、町のシンボルとなっています。また、裸苗押しで有名な「杉野原の御田舞」や吉祥寺薬師堂などの重要文化財があり、鎌倉時代の華厳宗の高層「明恵上人」が生まれた町でもあります。
御坊市 3名 0738-23-5531
0738-23-5848
御坊市商工振興課
ホームページ
紀南地方で最大規模の日高別院を中心にして開けた寺内町周辺、又は市内を横断する熊野古道のご案内をいたします。
日高別院には紅葉が美しいイチョウの大樹があり、昔ながらの商店(酒屋、薬屋、和菓子屋など)が軒をつらね、一昔前の風景をみることができます。
日高町 2名 0738-63-3806
0738-63-3854
日高町産業建設課
ホームページ
徳本上人の誕生院や、熊野詣の海の玄関口でもある比井若一王子神社があります。
また、難所として知られる鹿ヶ瀬峠には、熊野古道で現存するものの中では最長の石畳道や茶屋跡などがあり、いにしえのロマンを感じさせます。
由良町 1名 0738-65-1203
0738-65-0282
由良町産業建設課
ホームページ
金山寺味噌・醤油の発祥地の寺で、普化尺八の本寺でもある興国寺、古い由緒ある衣奈八幡神社、宇佐八幡神社などをご案内します。また、石灰岩の岩山がある白崎海岸や戸津井鐘乳洞など、自然の神秘もうかがえます。
日高川町 1名 0738-22-2041
0738-22-1767
日高川町企画政策課
ホームページ
江戸時代の念仏行者で全国的にも高名な徳本上人が6年間水行された最勝山尊光寺や、 上阿田木神社、寒川神社など古式ゆかしい社寺をはじめ、 祭礼や伝説、文化財について散策をしながらご案内いたします。
印南町 1名 0738-42-1737
0738-42-1703
印南町産業課
ホームページ
印南地区は、熊野古道沿いの漁港として古くから栄え、印定寺には約400年前、 鰹節を考案したといわれている角屋甚太郎の位牌が詣られています。町内には、 熊野九十九王子のうちの4王子が昔の面影を留めていますが、 特に切目王子は、格式の高い王子とされており、有名な国宝「切目懐紙」の写しが残っています。また、切目川・印南川沿いの民間信仰の対象を網羅した「ふるさと健康お詣りコース」も静かなブームとなっています。
田辺市 14名 0739-26-9929
0739-22-9903
田辺市観光振興課
ホームページ
「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産登録された熊野古道「中辺路」は人々が癒しを求めて熊野を目指した祈りの道であります。その道中には、各王子跡や熊野古道のシンボルである牛馬童子像、日本名水百選である野中の清水などがあり、参詣者は、ひたすら聖地であり熊野三山である「熊野本宮大社」を目指しました。
白浜町 3名 0739-43-6588
0739-43-7825
白浜町観光課
ホームページ
日本書紀に登場した温泉地である白浜温泉は、 1300年を超える昔から、天皇や貴族が紀州御幸の際に入湯されたといわれています。それらの白浜温泉の歴史、文化、そして、世界遺産登録された大辺路「富田坂・仏坂」をご案内します。
すさみ町 5名 0739-55-4806
0739-55-4810
すさみ町産業建設課
ホームページ
世界遺産登録された参詣道熊野古道「大辺路」の長井坂や仏坂、富田坂を中心にご案内を致します。熊野古道で唯一、尾根の土を固めて土手状にした古道「段築」などが見所。
新宮市 1名 0735-23-3333
0735-21-7422
新宮市商工観光課
ホームページ
熊野詣での道筋は、熊野本宮大社から熊野速玉大社を経て熊野那智大社に参り、再び本宮に戻るルートが主でしたが、特に本宮と那智を繋ぐ大雲取越と小雲取越は、 世界遺産登録された熊野古道の中でも最大の難所と言われていました。
那智勝浦町 1名 0735-52-2131
0735-52-3011
那智勝浦町観光産業課
ホームページ
和歌山を代表するカメラマンが、熊野全域のご案内、取材のコーディネートをはじめ、写真ツアーのビュースポット案内や撮影指導を行います。
古座川町 2名 0735-72-0180
0735-72-1858
古座川町産業振興課
ホームページ
町の中央部を古座川が流れており、川岸には少女峰や国の天然記念物に指定されている奇岩の一枚岩や蟲喰岩、また、歴史的な物では後南朝史跡があり、それらにまつわる様々な民話が現在に伝えられています。
串本町 1名 0735-62-0557
0735-62-6970
串本町産業課
ホームページ
本町古座地区は熊野灘に面し、かつては捕鯨の漁港として栄えました。約1km沖合には、熊野水軍の拠点であったと伝えられている無人島の九龍島や、 源平の合戦に出陣した熊野水軍の凱旋の模様とされる河内神社の例祭、河内祭(御舟祭)は、国の重要無形民俗文化財にも指定されています。
< 注意事項 >
  1. 旅行の際は、ゴミ、喫煙、環境保全等のマナーを守りましょう。
  2. 歩行ルートに適した服装・準備を心がけましょう。
  3. 歩行時間とガイド時間を考慮した計画をたて、十分にガイドを楽しみましょう。

詳細については、申し込み先に確認して下さい。
なお、本内容は、平成29年4月現在のものです。