現在表示しているページ
ホーム > わかやまマニア > わかやま記紀の旅 > はじめに ~「記紀」とは~|わかやま記紀の旅

わかやま記紀の旅 ~古事記・日本書紀からたどる和歌山の旅~
はじめに ~「記紀」とは~

当サイトは、『古事記』『日本書紀』の世界で、和歌山県内でゆかりの深い神社・スポットをご紹介するものです。当サイトをご覧いただいた方が、「記紀」の世界に興味を持って、和歌山県内各地のゆかりの地を訪ねていただけるきっかけとなるよう、作成させていただきました。そのため、「記紀」の世界の舞台となった地を特定するものではありません。

  • ※「わかやま記紀の旅」サイトでの固有名詞(神名・人名・地名等)については、参考文献及び神社等の由来を参考に表記しております。そのため、固有名詞がページによって異なる場合があります。
  • ※当サイトについては、神社の由緒や地域の伝承などに基づいて作成している部分も含まれますので、「記紀」に関する見解・学説・解釈等の相違については、ご了承ください。
  • ※イラストはイメージです。

古事記とは

古事記は現存するわが国最古の歴史書であり、文学作品でもあります。

壬申(じんしん)の乱(612年)に勝利した天武(てんむ)天皇<下記注1>にとって、天皇を中心とした政治形態の整備が急務でありました。

その政策の一つとして、天皇の系譜の記録である帝紀(ていき)、神話・伝説の記録である旧辞(くじ)を舎人(とねり)<近習(きんじゅ)>稗田阿礼(ひえだのあれ)に誦(よ)み習わせましたが、天武天皇在世中には完成せず、天智天皇の第四皇女・元明(げんめい)天皇<女帝>に引き継がれ、天皇の命で和銅(わどう)5年(712)に太安万侶(おおのやすまろ)が編さんして完成させ天皇に献上されました。

上巻は天地の始まりから「高天原(たかあまのはら)」という世界で天神(あまつかみ)たちの生成を語り、その天神たちの命令で伊耶那岐(いざなき)・伊耶那美(いざなみ)二神が国生みを始めます。そして次に行った神生みから三貴子(さんきし)<下記注2>が生まれ、その一人が「高天原」の支配者となる天照大御神(あまてらすおおみかみ)です。古事記では、この天照大御神直系の天神御子(あまつかみのみこ)天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)-邇々芸能命(ににぎのみこと)が、地上を支配していた大国主神(おおくにぬしのかみ)の国譲りを経て葦原中国(あしはらのなかつくに)の支配者として降臨します【天孫降臨(てんそんこうりん)】。

邇々芸能命以後、日向三代の神話になり、それぞれが「天津日高日子(あまつひたかひこ)」と称しているのは、天神・日神(ひのかみ)としての天照大御神の直系の子孫であることを示すためであろうといわれます。それは、初代天皇たる神武(じんむ)天皇を「天神御子」と称する意識に引き継がれています。つまり古事記は、天皇の権威の根源を天神に求め、その直系の子孫たちが(葦原中国-天下)を支配する根拠を語るところに最も重要な意味をもっています。

中巻は初代・神武天皇から応神(おうじん)天皇まで、下巻は仁徳(にんとく)天皇から推古(すいこ)天皇(女帝)までの系譜と人の世の物語が語られています。
序は古事記の成立事情を語る唯一の資料ですが、江戸時代以来、その信憑性(しんぴょうせい)に疑念が持たれ「古事記偽書説」の一大論争が巻き起こりました。しかし古事記の本文には日本書紀<下記注3>では既に失われた上代特殊仮名遣(かなづか)い「モ」の書き分けがあるとの指摘がなされ、昭和54年(1979)1月22日に発見された太安万侶墓誌に「従四位下勲五等太朝臣安万呂」と書かれていたことで偽書説は急速に終息を迎えました。

<注1>天武天皇

飛鳥(あすか)時代、第40代天皇。名は大海人皇子(おおあまのおうじ)。
天智(てんじ)天皇【舒明(じょめい)天皇の第一皇子。母は皇極(こうぎょく)天皇[女帝]。蘇我(そが)氏を倒し大化の改新(たいかのかいしん)を断行した中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)】の弟。
壬申の乱後、飛鳥浄御原(あすかきよみはら)に即位。在位14年。
律令の改定、国史の編纂(へんさん)、八色(やくさ)の姓(かばね)の制定など律令体制の強化につとめた。
万葉集に短歌四首が収められている。皇后は天智天皇の第二皇女、後の持統(じとう)天皇[女帝]。

<注2>三貴子

伊耶那岐が黄泉国(よみのくに)から戻って日向(ひむか)の阿波岐原(あはきはら)で禊(みそぎ)ぎを行った際に顔を洗うと、左目からは天照大御神、右目からは月讀命(つくよみのみこと)、鼻からは建速須佐之男命(たけはやすさのをのみこと)が誕生した。

<注3>日本書紀

日本最古の勅撰(ちょくせん)史書。30巻。編者は舎人(とねり)親王・太安万侶ら。
養老4年(720)成立。六国史(りっこくし)の第一番目。神代から持統天皇までの歴史を漢文により編年体で記述したもの。

監修・協力

監修 藤白神社宮司 吉田昌生
協力 和歌山県神社庁
参考文献
  • 『新編日本文学全集1 古事記』山口佳紀・神野志隆光 校注・訳者 小学館
  • 『新編日本文学全集2 日本書紀①・②・③』
    小島憲之・直木孝次郎・西宮一民・蔵中進・毛利正守 校注・訳者 小学館
  • 『図解 日本神話』山北 篤 著、株式会社新紀元社
  • 『図解 古事記・日本書紀 普及版』多田 元 監修、株式会社西東社
  • 『地図と写真から見える!古事記・日本書紀』山本 明 著、株式会社西東社
  • 『古事記のものがたり』小林晴明・宮﨑みどり 著、サン・グリーン出版
  • 『昔・むかし・きのくにで 第一巻』東 道 監修、(有)ファミリーメイト
  • 『ふぢしろ初山踏』吉田 昌生 著、藤白神社
  • 『熊野古道ガイドブック 熊野への道 和歌山篇』吉田 昌生 著、藤白神社
  • 『和歌山懸聖蹟 上巻』和歌山懸廳内紀元二千六百年奉祝会和歌山懸支部 編
  • 『新編 和歌山県神社誌』神社誌編集委員会 編集、和歌山県神社庁

当ページに関する問い合わせ

和歌山県観光振興課
〒640-8585 和歌山市小松原通1-1
TEL:073-441-2775/FAX:073-432-8313

※当サイト内に掲載している記事・写真等については、無断転載を禁じます。