現在表示しているページ
ホーム>当協議会について

当協議会について

事業目的

平成28年のNHK大河ドラマが、現在、最も人気のある戦国武将の一人、真田信繁(通称「幸村」以下「幸村」と記載)が主人公の『真田丸』に決定しました。
和歌山県においては、平成7年に大河ドラマ『八代将軍 吉宗』が放送され、和歌山市が中心となって積極的な誘客事業を展開した結果、年始に発生した阪神淡路大震災の影響が大きかったにも関わらず、吉宗ゆかりの和歌山城や社寺が賑わったことにより、同市の日帰り客が4%増加し、特にゆかりのスポットは、前年比150~200%の入込みとなりました。
大河ドラマ『真田丸』・戦国わかやま誘客キャンペーン推進協議会(以下「協議会」と記載)では、大河ドラマ『真田丸』の放送を観光振興の絶好の機会と捉え、ドラマの中で紹介されることになる九度山、高野山など、真田ゆかりの地について、現在の魅力(世界遺産など)とあわせて効果的に情報発信を行うとともに、九度山町が開設する真田ミュージアムを集客拠点の中心に位置づけ、同施設において「大河ドラマ館」を実施することで、より集客力・商品力を高め、誘客を促進します。
さらに、九度山、高野山を含む紀北エリアには、真田ゆかりのスポットに加えて、真田父子の好敵手・徳川にゆかりのスポット(和歌山城、紀州東照宮など)があり、また、戦国ゆかりのスポット(太田城址、根來寺、粉河寺など)も数多くあることから、さまざまな戦国時代の歴史ストーリーを体感することができます。
こうしたスポットに加えて、特産品も含めた地域の観光資源や特別企画などを組み込んだ広域にわたる受地対策を講じ、ドラマに相乗して効果的に情報発信することで、真田を目的とした来訪者の紀北エリアでの周遊と滞在(消費)を促進します。

構成団体

県・市町

和歌山市、橋本市、紀の川市、岩出市、紀美野町、かつらぎ町、九度山町、高野町、和歌山県 

観光協会・観光関係団体

和歌山市観光協会、橋本市観光協会、紀の川市観光協会、岩出市観光協会、紀美野町観光協会、かつらぎ町観光協会、九度山町観光協会、和歌山紀北キャンペーン推進協議会、公益社団法人和歌山県観光連盟 

交通事業者

西日本旅客鉄道株式会社、南海電気鉄道株式会社 

旅行事業者

株式会社JTB西日本和歌山支店、株式会社日本旅行Tis和歌山支店、近畿日本ツーリスト株式会社和歌山支店、株式会社農協観光和歌山支店、名鉄観光サービス株式会社和歌山支店、株式会社読売旅行和歌山営業所、東武トップツアーズ株式会社和歌山支店、協同組合和歌山県旅行業協会 

オブザーバー

日本放送協会和歌山放送局、株式会社NHKエンタープライズ

連絡先

大河ドラマ「真田丸」・戦国わかやま誘客キャンペーン推進協議会(事務局:和歌山県観光振興課内)

〒640-8585 和歌山市小松原通1丁目1番地
TEL:073-441-2775・073-422-4631 FAX:073-432-8313
E-mail:e0624001@pref.wakayama.lg.jp