現在表示しているページ
ホーム>戦国ゆかりの地を訪ねて

特集!戦国ゆかりの地を訪ねて

時は戦国―。
数多の戦国武将が覇権・生き残りをかけて争う中、信濃上田の領主・真田昌幸(幸村の父)は、大勢力を巧みに渡り歩いて領地を維持していた。
しかし、天下二分の関ヶ原の戦いで、西軍(石田三成)に味方したことからさらなる試練に見舞われる。昌幸、幸村父子は、一命を許されたものの高野山に蟄居を命ぜられ、昌幸は、高野山から移り住んだ九度山で波乱の生涯を閉じる。
幸村は、父の無念を引き継ぎ、九度山の草庵で時が満ちるのを待った。蟄居から14年後、雄飛の機会が訪れる。豊臣氏を滅ぼさんとする徳川家康を迎え討つため、大坂城から入城を促す使者が幸村のもとに…。
武勇と智略で家康の心胆を寒からしめ、後に「日本一の兵」と讃えられた幸村雌伏の舞台へいざ参らん!
戦国ゆかりの地マップ 大阪城 粉河寺 根来寺 本願寺鷲森別院 和歌山城 紀州東照宮 徳川家霊台 九度山 高野山 上田城
真田ゆかりの地
九度山・高野山
大阪城
上田城
徳川ゆかりの地 和歌山城
紀州東照宮
戦国ゆかりの地 高野山
本願寺鷲森別院、根来寺、粉河寺