金剛三昧院

更新日:2017年12月13日

尼将軍、北条政子が、夫・源頼朝と息子・実朝の菩提を弔うために建立した金剛三昧院。本尊の愛染明王(あいぜんみょうおう)は、恋愛成就の仏様として、様々な縁を結んでくれるといわれています。国宝・多宝塔をはじめ、重要文化財の経蔵、四所明神社など、数々の歴史的文化財があり、鎌倉時代の風雅をそのままに伝える格別な雰囲気をたたえています。春はしゃくなげが見事に咲き誇ります。また、宿坊として宿泊もできます。

基本情報

連絡先
金剛三昧院
住所
〒648- 和歌山県伊都郡高野町高野山425
電話番号
0736-56-3838
FAX番号
0736-56-2586
料金
拝観料:一般 300円
2017年の拝観料徴収時期と特別拝観期間は3月11日(土)から11月26日(日)まで
拝観時間:朝8時~午後5時 (それ以外の期間は無料)
駐車場
無料 50台
定休日
10月10日、12月25日から1月7日までは宿泊できません。
金剛三昧院
webサイトはこちら

アクセスマップ

南海高野山駅より南海りんかんバス 奥之院行き 千手院橋下車5分。

こんなスポットもおすすめです

このページのトップへ