現在表示しているページ
ホーム > 世界遺産 高野・熊野 > 旅の原点「日本人の旅の始まり > 熊野古道~伊勢と熊野を結ぶ、祈りの道~
熊野古道~伊勢と熊野を結ぶ、祈りの道~
中辺路:滝尻王子

熊野古道とは?

熊野古道は、全国各地から「熊野三山」へと向かう参詣道の総称です。

平安時代、「神仏習合(古来から日本にある神への信仰と、仏教への信仰が融合した思想)」と「浄土信仰」の浸透により、熊野地方は朝廷や公家の信仰を集めるようになりました。これが"熊野詣"の興りです。

熊野本宮大社の「家津御子大神(けつみこのおおかみ)」は来世を救済する阿弥陀如来、熊野速玉大社の「熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)」は過去世を救済する薬師如来、熊野那智大社の「熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)」は現世を救済し利益を司る「千手観音」の権現(仏・菩薩が人々を救済するため、仮の姿をとって現れること)とされ、また、那智山青岸渡寺は西国三十三ヵ所巡りの第一番札所として、熊野信仰は全国に広がりました。

時代の変遷とともに息づく“熊野詣”

平安時代
この時代における参詣は、主に法皇や上皇などの皇族、貴族や女官でした。
室町期以降
武士や庶民が参詣するようになり、切れ間なく旅人の行列ができた様子から"蟻の熊野詣"とまで称されることになります。
江戸時代
信仰心の篤さを「伊勢に七度(ななたび)」「熊野へ三度(さんど)」と表現したように、広く庶民が"お伊勢参り(伊勢神宮への参拝)"と"熊野詣"を行うようになりました。

このように、「熊野古道」でつながる伊勢と熊野は、深い結びつきを持っているのです。

伊勢と熊野:二大聖地への道

熊野古道・伊勢路

熊野古道「伊勢路」は、伊勢神宮と熊野速玉大社を結ぶ参詣道で、熊野三山を詣でる紀伊半島東回りの道です。お伊勢参りを終えた旅人や、西国三十三ヵ所への巡礼者が歩んだこの道は、江戸時代に伊勢参拝が隆盛したことにより、多くの旅人が訪れました。

お伊勢参り

江戸時代、一生に一度は"お伊勢参り"をすることが、庶民の夢でした。人々は「伊勢講」を組織し、旅費を積み立て、くじで代表を選び、交代でお参りをしたのです。
"お伊勢参り"は、"熊野詣"とともに、日本人の庶民観光流行の原点とされています。

※平成25年10月、伊勢神宮では、20年に一度社殿を新しく建て替え、御装束や神宝を新調して、ご神体を遷す「式年遷宮」が行われました。