わかやま記紀の旅 三種の神器「八咫鏡」と同体の宝鏡

天磐戸[あまのいわと]の神話で、アマテラスが磐戸から出るきっかけとなったのが八咫鏡[やたのかがみ]です。八咫鏡は三種の神器のひとつですが、この鏡とともに造られた鏡が紀伊国にありました。

古事記、日本書紀に記されている神話の代表的なものと言えば、アマテラスの天磐戸[あまのいわと]の物語です。アマテラスには乱暴な弟、スサノオがいたのですが、ある時、あまりの乱暴ぶりに耐えかねたアマテラスは、とうとう天磐戸に閉じこもってしまいます。これにより世界は闇に包まれてしまったため、高天原[たかまがはら](天上界)の神々は集まり、対応策を話し合いました。その結果、神々のひとりであるオモイカネの発案にしたがい、天香山[あまのかぐやま]から採掘した鉱物を使って鏡を造ることに。鋳造を担当したのはイシコリドメで、鏡は日神[ひのかみ]・アマテラスの像をかたどったものといわれています。こうして誕生したのが八咫鏡で、現在、天皇家に伝わっている三種の神器のひとつです。
磐戸の前では神々が宴を催し、賑やかさが気になったアマテラスは、磐戸の扉を少し開けて外の様子を覗こうとしました。隙間の前には八咫鏡。アマテラスは鏡に映った自分の姿に一瞬たじろぎ、その機にアメノタヂカラオという力持ちの神が扉を開け、アマテラスを外へ出すことに成功。世界に明るさが戻ったのでした。
三種の神器として、アマテラスの孫のニニギが地上に降臨した(天孫降臨)際に授かった八咫鏡ですが、この時、日像鏡[ひがたのかがみ]と日矛鏡[ひぼこのかがみ]という2体の宝鏡も添えられたと伝えられています。八咫鏡は、こののち伊勢神宮に奉祀されることになりますが、日像鏡と日矛鏡は伊勢神宮に奉祀されていません。ではどこへ?
日前[ひのくま]神宮・國懸[くにかかす]神宮の御由緒には「天香山から採取した銅を用いて天照大御神の御鏡[みかがみ]を鋳造しました。その初度に鋳造された天照大御神の御鏡前霊[さきみたま]が、日前國懸両神宮の御神体として奉祀された」とあります。鏡は鋳造されたのち、天孫降臨の際に紀伊国造家[きいのくにのみやつこけ]の祖アメノミチネが2体の宝鏡を授けられ、日前神宮・國懸神宮の祭神としてお祀りしたと伝えられているのです。
日前神宮・國懸神宮は祭神が三種の神器に次ぐ宝鏡とされたために、伊勢神宮に次いで朝廷からの崇敬が篤く、古くから「紀伊国一之宮」として多くの人々からの崇敬を集め、両神宮は通称「日前宮」として、親しみを持って呼ばれています。

[和歌山市]2体の宝鏡が鎮座する神話の舞台へ

2体の宝鏡が祀られる大社【写真左:日前神宮 写真右:國懸神宮】

日像鏡を御神体とする日前神宮、日矛鏡を御神体とする國懸神宮が鎮座する。天孫降臨の際にアメノミチネにより紀伊国にもたらされた宝鏡は、その末裔である紀氏によって祀られ続け、垂仁[すいにん]天皇の時代に現在の地に遷された。伊勢神宮と並ぶ格式の大社として崇敬が篤い。

TEL:073-471-3730(日前宮社務所)
住所:和歌山市秋月365
時間:8〜17時
祈祷受付は〜16時30分
駐車場:100台

主祭神は紀伊国造家の遠縁?中言[なかごと]神社

中言神社

主祭神は名草彦と名草姫の夫婦神で、神武東征の際にカムヤマトイワレビコと戦った紀伊国の豪族・名草戸畔[なぐさとべ]の祖先です。また、名草彦は紀伊国造家の遠縁であるとの説もあります。境内には、茶道や書道など伝統芸術の上達にご利益があるとされる「黒牛の水」が湧き、今も大切に守られています。

TEL:073-482-1199
住所:海南市黒江933
定休日:参拝自由
駐車場:なし

日前神宮・國懸神宮周辺のおすすめスポット

市内を一望できる和歌山の名所

「日本100名城」に選定され、虎伏山[とらふすやま]に佇む天守閣は和歌山市のシンボル。天正13年(1585)に豊臣秀吉が弟の秀長に築城させたのが始まりで、天守閣からは市街地の大パノラマが広がる。

TEL:073-422-8979
住所:和歌山市一番丁3
料金:天守閣入場料大人410円、子ども200円
時間:天守閣は9時〜17時30分(最終入場は〜17時)
定休日:12月29〜31日
駐車場:58台(60分200円〜)

珈琲館 ブラジリアン

珈琲館 ブラジリアン

レトロな喫茶でひと休み

レトロ&ディープな雰囲気の喫茶店。こだわりのトーストモーニングのほか、コーヒーか紅茶とセットで楽しめる自家製のしっとりホットケーキ(940円)も人気。

TEL:073-473-1035
住所:和歌山市太田125-2
時間:8時30分〜19時
定休日:火曜
駐車場:18台

精進CAFE ふぉい 新通店

精進CAFE ふぉい 新通店

野菜たっぷり精進メニュー

肉や魚、香りの強いニンニクやニラなどの野菜五葷[ごぐん]を使用しない精進料理の専門店。食べごたえのあるソイミートや酵素玄米を使った栄養満点の日替りランチ(1100円)が好評。

TEL:073-426-5203
住所:和歌山市新通3-3-1
時間:11時〜18時30分(18時LO)
定休日:火曜
駐車場:10台

疲れを癒やす多効能温泉へ

源泉かけ流しで超高濃度の炭酸泉を体感できる。結晶になって湯に浮かぶほどの温泉成分は、神経痛など20種以上の効能もあるそう。

TEL:073-471-3277
住所:和歌山市鳴神574
料金:大人1100円、子ども550円(17時〜大人850円、子ども420円)
時間:8~23時(木曜は〜10時)
定休日:木曜の10時〜(祝日の場合は営業)
駐車場:60台

CUPS COFFEE&CUPCAKES

CUPS COFFEE&CUPCAKES

西海岸スタイルのベイクカフェ

アメリカ西海岸を思わせるカフェ。可能な限り和歌山県産食材を使うカップケーキ(360円〜)は季節の味が楽しめ、女性に大人気!

TEL:073-488-7154
住所:和歌山市藪ノ丁13 THE PICNIC 1F
時間:12〜18時(木曜は〜22時)
定休日:月曜(祝日の場合は営業)
駐車場:4台

和歌山の宿・ホテル 比較 検索
bannar wakayama800
熊野古道の新たな魅力100選
公園バナー
高野巡り・熊野古道 街道マップ バナー
グッドトリップ和歌山
わかやまの逸品
世界遺産「高野山・熊野」聖地巡礼バス
和歌山紀北の観光・グルメ・温泉・ホテル総合情報サイト WAKUTEKU
わかやま移住・定住サイト