現在表示しているページ
ホーム > おすすめ・お知らせ情報一覧 > サイクリング王国わかやまブランディング映像完成!

サイクリング王国わかやまブランディング映像完成!

和歌山県では、県内全域にわたるサイクリングロード(ブルーライン)に加え、バイクラックの設置や応急修理のための工具の貸し出しなどを行うサイクルステーションの整備を進めています。
そこで、和歌山県観光連盟では、有名バイクメーカーであるトレックの協力を得て、「サイクリング王国わかやま」ブランディング映像2本を制作しました。

【1】ローディー編 (ローディー:ロードバイクに乗りスポーツ走行を趣味とする人たち)

時間

1分

ロケ地

生石高原(紀美野町、有田川町)、あらぎ島(有田川町)、円月島(白浜町)、大島(串本町)、一枚岩(古座川町)

出演

野口忍氏(トレック・ジャパン(株)。元MTBクロスカントリーアジアチャンピオン)、他

【2】女子旅編

時間

1分

ロケ地

高野山内(高野町)、紀の川サイクリングロード(紀の川市)、マリーナシティ(和歌山市)、川湯温泉(田辺市)、
海岸沿いの道(すさみ町)、カフェ(白浜町)

出演

日向涼子氏(モデル・サイクリスト)

動画はこちら

サイクリング王国わかやまブランディング映像【ローディー編】

サイクリング王国わかやまブランディング映像【女子旅編】

ニックネームについて

「WAKAYAMA800(わかやまはっぴゃく)」

和歌山県は全県に約800kmにわたるブルーラインを整備し、サイクリストを歓迎する県であることを親しみがあり、呼びやすく覚えやすいネーミングとした。
800の「8」を横にすると「∞(無限大)」。和歌山県にはあらゆるレベルのサイクリストに対応する、サイクリングに適した無限大のルートがあり、サイクリングの楽しさが多いことも表現している。
ロゴマークの長方形の左端の青線はブルーラインを、800の「00」を無限大マークで表現している。