現在表示しているページ
ホーム > わかやマニア > わかやま記紀の旅 > 地図から探す > 藤白神社(境内社:有間皇子神社)|わかやま記紀の旅

わかやま記紀の旅 ~古事記・日本書紀からたどる和歌山の旅~
日本書紀藤白神社(境内社:有間皇子神社)
(ふじしろじんじゃ(けいだいしゃ:ありまのみこじんじゃ))

藤白神社
鎮座地(住所)
海南市藤白448
祭神(主祭神)
櫛玉饒速日命
TEL
073-482-1123
詳細
海南市公式サイト
和歌山県神社庁

記紀との関連

日本書紀
有間王子、藤白坂で絞殺される。 【斉明4年】

記紀にまつわる物語

藤白神社熊野古道「藤白坂」の入口、海南市を眼下に、遠く和歌の浦をみはるかす太古さながらの楠の大樹にいだかれた当社の由緒は古く、斉明天皇が牟婁の湯(白浜湯崎温泉)に行幸の際に、神祠を創建されたという。

そのゆかりで19歳という若い命を藤白坂に散らした(『日本書紀』斉明天皇紀)万葉の悲劇の貴公子、有間皇子神社を祀り、毎年11月11日に有間皇子まつりを斎行している。

また、境内に有間皇子を偲ぶ万葉歌碑と歌曲碑がある。

藤白の み坂を越ゆと 白妙の わが衣手は 濡れにけるかも〈万葉・巻9〉

みどころ
有間皇子まつり有間皇子まつり

有間皇子まつり
(11月11日)

境内に有間王子神社をお祀りし、ほど近くに「有間皇子史跡」がある当社では、19歳の若さで命を落とした有間皇子をしのび、「有間皇子まつり」が開催されている。
藤白王子藤白王子

藤白王子

藤白王子は、熊野九十九王子の中でも切目・滝尻・発心門王子などとともに五躰王子(ゴタイオウジ)と呼ばれ、本宮の若一王子をはじめ五所王子を勧請して、五座の神々を祀った王子社のひとつである。

社殿の施設なども他よりすぐれ、奉幣の儀式も丁重で、格別の崇敬をうけていたようである。

藤白王子権現本堂には、上皇、法皇熊野御幸にゆかりの熊野本地仏を祀り、神仏霊場となっている。

交通

鉄道 JRきのくに線海南駅から徒歩で16分
阪和自動車道海南ICより車で3分
駐車場 あり

関連情報

記紀から探す
モデルコース
周辺観光地
市町村観光担当課・観光協会