現在表示しているページ
ホーム > わかやマニア > わかやま記紀の旅 > 地図から探す > 衣奈八幡神社|わかやま記紀の旅

日本書紀わかやま記紀の旅 ~古事記・日本書紀からたどる和歌山の旅~
衣奈八幡神社(えなはちまんじんじゃ)

鎮座地(住所)
日高郡由良町衣奈669
祭神(主祭神)
誉田別命
息長足姫命
比売大神
TEL
0738-66-0168
詳細
和歌山県神社庁

記紀との関連

日本書紀
【神功皇后摂政元年2月】「神功皇后新羅還之向京・聞忍熊王起師待之・命武内宿禰懐皇子・横出南海泊紀伊水門」での紀伊水門が、由良町大引であると伝えられる。

記紀にまつわる物語

 神功皇后が三韓を征して後、新羅国より凱旋された際に、忍熊王の難をさけ、難波から紀水門(現在の和歌山市安原附近)に到着された。御子・誉田別尊(応神天皇)を武内宿禰に護らせて上陸させ、皇后みずからは更に、現在の日高郡由良町大引付近まで迂回してご上陸された。その後、大引の豪族・岩守に案内された衣奈の地で休息された古趾(行宮)に、社殿を営んだというのが、当社の由来である。
 また、当社には応神天皇の胞衣を埋納したとされる「胞衣塚」が、社殿のそばにあり、安産の守石として信仰されている。

交通

鉄道 JR紀勢線紀伊由良駅から徒歩45分
JR紀勢線紀伊由良駅から車で8分
阪和自動車道広川ICから車で20分
駐車場 -