現在表示しているページ
ホーム > わかやマニア > わかやま鉄旅 > 乗り鉄 > 他の鉄道と接続のない日本一長い区間に乗ろう!|乗り鉄|わかやま鉄旅

鉄道の乗る・見る・撮るの楽しさ満載!

乗り鉄|わかやまの鉄道に乗ろう!

他の鉄道と接続のない日本一長い区間に乗ろう!

「線路は続くよどこまでも」は、鉄道ファンならずとも有名な童謡(アメリカ民謡、佐木敏作詞)で、歌を聴くと、一本道に続く線路を思い浮かべる人も多そうですが、線路は、一つの路線がどこまでも続いているのではなく、いくつかの路線に分岐をしたりしながら続いています。

でも、他の鉄道路線に接続することもなく一つの路線が続いている区間がJR紀勢本線にあります。
「JR御坊駅~JR多気駅間(283.8km)」です。
「JR御坊駅~JR多気駅間(283.8km)」は、JRだけでなく、民間の鉄道事業者も含めいずれの鉄道路線とも接続していない日本最長の区間です。
JR紀勢本線は、JR御坊駅で紀州鉄道路線に接続すると、JR多気駅でJR参宮線に接続をするまで、283.8kmもの間、単身紀伊半島の大動脈の役割を果たしています。

さらにJRの路線との接続だけに限れば、JRのどの路線とも接続していない日本一の最長区間もJR紀勢本線にあります。
「JR和歌山駅~JR多気駅間(338.4km)」です。
「JR和歌山駅~JR多気駅間(338.4km)」は、JR和歌山駅でJR阪和線やJR和歌山線と接続した後、JR多気駅でJR参宮線に接続をするまでの338.4kmもの間、JRのどの路線とも接続していません。

他の鉄道路線に接続することなく、太平洋・熊野灘の水平線に向かって一本道が続くように進むJR紀勢本線に乗ってみませんか。