ページ内を移動するためのリンクです。
安川渓谷

深い森の中を縫うように流れる、日置川の源流。渓流に洗われてなめらかになった岩肌を滑る水は、透明度が高く、点在する淵では光が差し込むと美しい青に。渓谷沿いに遊歩道があり、道中では滝も見られる。

田辺市下川上

水が創る

山深く、清らかな水が流れる場所には、苔むした巨岩やたくましく根を張った木が作り出す渓谷美が広がります。地層に染み込み、大地から湧き出るミネラルを含んだ天然の温泉もまた、私たちの心と体を癒やしてくれる水の恵みといえます。

自然の力強さを感じられる水と緑が織りなす絶景渓谷

湯川渓谷

有田川支流の湯川川の上流にある山深き渓谷で、清流で育つアマゴ釣りの名所として知られる。冬には氷のカーテンのような一面の氷柱ができる様も圧巻。最上流には落差が約25mと迫力満点なさがり滝がある。

有田郡有田川町上湯川
百間山渓谷【ひゃっけんざんけいこく】

原生林が残る山にあり、巨岩や奇岩、甌穴(おうけつ)、大小30余りの滝などが次々と現れる。みずみずしい苔に覆われた風景も幻想的。渓谷沿いはトレッキングコースになっている。JR紀伊田辺駅からバスで登山口まで行け、好アクセス。

田辺市熊野

温泉海や川、山々に抱かれたようなロケーションも魅力の良質な湯

かなや明恵峡温泉【かなやみょうえきょうおんせん】

明恵峡を望む高台に立つ、自然豊かなロケーション。とろとろとしたアルカリ性の湯で、湯上がりはすべすべの肌になると評判。内風呂にはジェットバスや寝湯などを完備。露天風呂からは有田川が眺められる。

TEL:0737-32-5526 有田郡有田川町修理川81-3
午前11時~午後8時半最終受付 第2金曜休み 入浴料●大人600円、子ども300円

川湯温泉 仙人風呂

大塔川の川原を掘ると、川底から湧き出る湯で即席の露天風呂が楽しめる。毎年12月〜2月には、川の水がせき止められ、開放感抜群の大露天風呂に。大自然に包まれ、空を仰ぎながら入るお湯は格別。水着着用OK。

TEL:なし 田辺市本宮町川湯
午前6時半~午後10時(12月~2月のみ開湯) 開湯期間中無休
入浴料●無料

鶴の湯

江戸時代から湯治場として親しまれる、山あいにたたずむ小さな温泉。源泉掛け流しの湯は鉄分を多く含み、疲労回復に効果ありとされる。露天風呂からは、川のせせらぎが聞こえ、大自然を感じながらゆっくりお湯に浸かれる。

TEL:0739-75-2180 日高郡みなべ町熊瀬川47
午前11時~午後8時最終受付 火曜休み(祝日の場合は営業、2月は無休)
入浴料●大人600円、子ども300円

上御殿【かみごてん】

国の登録有形文化財にも指定される老舗旅館は、清流・日高川を眼下に見下ろす岩の露天風呂も風情たっぷり。掛け流しのお湯は、ナトリウム-炭酸水素塩泉。とろりと肌あたりの良いやわらかなお湯で、体の芯から温まる。

TEL:0739-79-0005
田辺市龍神村龍神42
※宿泊者のみ利用可

崎の湯

1350年余りの歴史を誇り、古くは天智天皇も訪れた、由緒正しき古湯。海水が流れ込むほど海岸に近く、太平洋が一望できる露天風呂では、塩分濃度が高く、短時間で体が芯から温まる行幸(みゆき)源泉が楽しめる。

TEL:0739-42-3016 西牟婁郡白浜町1668
午前8時~午後4時半(4・5・6・9月は~午後5時半、7・8月は午前7時~午後6時半)すべて最終受付 無休(メンテナンスによる臨時休業あり)
入浴料●500円(2歳以下無料)

龍神温泉元湯

日本三美人の湯の一つ、龍神温泉の湯を掛け流しで提供。檜風呂と岩風呂の2種の内湯に加え、渓流を望み、山に包まれるように浸かれる露天風呂も。ナトリウム-炭酸水素塩泉でツルツルの美肌に。

TEL:0739-79-0726 田辺市龍神村龍神37
午前7時~午後9時 無休
入浴料●大人700円、子ども350円

牟婁の湯【むろのゆ】

湯崎の海に臨む公衆浴場は、二つに区切られた湯船に、それぞれ異なる源泉が引かれているのが特徴。古い角質を落とす含硫黄湯の砿湯(まぶゆ)源泉と、高塩分で保湿効果のある行幸源泉、交互に入ればお肌つるつるに。

TEL:0739-43-0686 西牟婁郡白浜町1665
午前7時~午後9時半最終受付 火曜休み
入浴料●大人420円、中学生140円、小学生以下80円

椿はなの湯

道の駅にあり、美肌になると人気の温泉。こちらは、源泉温そのままのぬるめの槙風呂と、加温した大浴槽があり、共に源泉掛け流し。ぬるりとしたお湯で湯上がりしっとり。

TEL:0739-46-0617
西牟婁郡白浜町椿1058-1
正午~午後9時(11月~2月は~午後8時)
火曜休み(祝日の場合は営業・翌日休み)
入浴料●大人500円、子ども250円

花山温泉

全国屈指の高濃度天然鉄泉。褐色の湯には、血行を促進する炭酸ガスや、美肌に良い炭酸水素ナトリウムなどがたっぷり。源泉のぬる湯と加温湯で温冷入浴して代謝UP。お湯は毎日入れ替えされるので、炭酸濃度が高い午前中が狙い目。

TEL:073-471-3277 和歌山市鳴神574
午前8時~午後10時半最終受付 木曜休み(祝日の場合は営業)
入浴料●大人1,100円、子ども550円(午後5時~は大人850円、子ども420円)

ホテル浦島 大洞窟温泉 忘帰洞【ぼうきどう】

勝浦港から船でアクセスするホテルにはさまざまな温泉があり、中でも熊野灘の波風に浸食されてできた天然洞窟に湧出する温泉「忘帰洞」は圧巻。洞窟の岩肌に抱かれながら、波立つ太平洋を眺めつつ入る特別な温泉体験を。

TEL:0735-52-1011 東牟婁郡那智勝浦町勝浦1165-2
午前9時~午後6時最終受付 平成29年6/28・29、8/12〜14、12/31、平成30年1/1・2、1/10・11、GWの日帰り入浴は休み
入浴料●大人1,000円、子ども500円

ゆの里

高野八葉の峰を望む丘に立つ温泉。「金水」「銀水」と呼ばれる二種類の天然水をバランス良くブレンドしたお湯は、肌深く浸透して体の中から健康を促進。うわさを聞いて全国から客が訪れる。湯治に最適な宿泊施設も併設。

TEL:0736-33-1126 橋本市神野々898
午前10時~午後9時最終受付 第2木曜休み
入浴料●大人1,000円、子ども600円