ページ内を移動するためのリンクです。
ナギサビール

ビール造りの仕込み水に使うのは、熊野連山、高瀬川沿いで採水される富田の水。「この水を使うことで、麦汁がよく抽出でき、仕上がりの味もクリアになりました」と、代表の眞鍋和矢さん。醸造所の個性が際立つクラフトビールにおいて、良質な水の存在は欠かせないのだそう。

TEL:050-3820-8958 西牟婁郡白浜町2927-220
午前9時~午後6時 水曜休み
予算●アメリカンウイート390円

その他 詳しくはこちら 富田の水×ビール

水を活かす

水が味を左右すると言われる日本酒はもちろん、ビールの製造や織物の加工にまでも、名水のある環境を活かした良質なもの作りが行われています。

熊野川の水×日本酒
尾﨑酒造

明治初期に酒造りを開始した蔵元。窓の下に流れる熊野川の伏流水を使い、冬に川面に吹く北風を呼び込む自然の冷房法で、キレの良いすっきりとした地酒の味わいを守ってきた。延命長寿や癒やしの霊水と崇められる那智の大滝の水で仕込んだ、聖地の蔵元ならではの品も。

TEL:0735-22-2105 新宮市船町3-2-3
午前8時~午後5時 日・祝日休み 予算●純米酒 那智の滝500㎖1,296円

その他 詳しくはこちら
紀の川の水×日本酒
𠮷村秀雄商店

壁が呼吸し、年中快適な温度を保つ土蔵で行われる酒造り。「絶妙に旨みのある水が、飲み口やわらかでキリッとした酒を造る」と、紀の川の伏流水を仕込み水に。’13年に能登より女性杜氏を新たに迎え、自営田で育てた米の旨みと、酸のバランスに優れた食中酒を追求し続ける。

TEL:0736-62-8377(酒のねごろっく) 岩出市畑毛49-1
午前11時~午後7時(立ち飲みは~午後6時45分)
火曜休み(祝日は営業) 予算●日本酒90㎖100円~

その他 詳しくはこちら
紀の川の水×パイル織物
妙中パイル織物

紀の川の豊富な伏流水を利用した染色が盛んで、パイル織物の一大産地として有名な橋本市。こちらでは染色から加工まで一貫生産し、新幹線のシートや有名ブランドの生地なども手掛ける。「染色には、紀の川のやわらかで良質な水が不可欠」と妙中社長は語る。

TEL:0736-42-3170(見学は前日までに要予約)
橋本市高野口町向島193
午前8時~午後5時 土・日曜休み

その他 詳しくはこちら