円月島

更新日:2013年09月21日

白浜のシンボルとして親しまれている円月島。
正式には「高嶋」といい、臨海浦の南海上に浮かぶ南北130m、東西35m、高さ25mの小島ですが、島の中央に円月形の海蝕洞がぽっかり開いていることから「円月島」と呼ばれ親しまれています。
円月島に沈む夕陽は「和歌山県の夕日100選」に選ばれており、日の沈む夕景の美しさは格別で、夏は6時30分頃、冬は4時30分頃です。

基本情報

連絡先
白浜町観光課
住所
西牟婁郡白浜町臨海
電話番号
0739-43-6588
白浜観光協会
webサイトはこちら

アクセスマップ

JR白浜駅よりバス約15分「臨海」バス停下車
阪和道南紀田辺ICより車で約15km約20分

こんなスポットもおすすめです

このページのトップへ