現在表示しているページ
ホーム > 世界遺産 高野・熊野 > 旅の原点「日本人の旅の始まり」 > 世界遺産 熊野三山
世界遺産 熊野三山
熊野古道:大雲取越の円座石

「紀伊山地の霊場と参詣道」

古くから神々が鎮座する特別な地域として崇められた紀伊山地。
和歌山・奈良・三重にまたがって険しい地形が連なり、独自の発展を遂げた「高野山」「吉野・大峯」そして「熊野三山」の三つの霊場が誕生し、それらを結ぶ参詣道が形づくられました。
今も自然と人間の営みが紡ぎだす「文化的景観」が人類共有の財産として認められ、平成16年7月、世界遺産に登録されました。

熊野三山
「熊野本宮大社」「熊野速玉大社」「熊野那智大社」の3社と「那智山青岸渡寺」の1寺を「熊野三山」と呼びます。「熊野三山」は、「熊野古道(熊野参詣道)中辺路」によって結ばれています。

エネルギーに満ちた癒しの地、熊野。

ミシュラン三つ星!「わざわざ旅行する価値」が熊野にはあります。

日本全国の観光地などの魅力を三つ星・二つ星・一つ星で評価した、外国人観光客向けガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」(ミシュラン発行)。こちらで、"熊野古道""那智の滝""熊野三山"は「わざわざ旅行する価値がある」三つ星として掲載されています。

"熊野牛王符(くまのごおうふ)"とは?

"熊野牛王符"とは、熊野三山の神札で、「熊野権現のお使いの烏」(からす文字)と「宝珠」を組み合わせたデザインは、社名などを表します。本来は災難よけの「護符」でしたが、その裏に起請(誓約)を書く「誓紙」に用いられるようになりました。

熊野牛王符