現在表示しているページ
ホーム > 世界遺産 高野・熊野 > 街道マップ|高野巡り・熊野古道 > 高野山町石道|九度山駅(九度山町)~上古沢駅(九度山町)

和歌山県街道マップ

高野山町石道|九度山駅(九度山町)~上古沢駅(九度山町)

PDFダウンロード[1,118KB]

PDFをダウンロードすると地図をプリントアウトができます

街道マップを見る

地図をクリックすると大きい画像が見られます。画像からは『語り部の旅』の情報へリンクします。クリックボタンがある場所をクリックして下さい。

このコースは、南海高野線九度山駅から戦国の名将真田親子隠棲の地「真田庵」に立ち寄り、古くから女人高野として名高い九度山町の名刹「慈尊院」の門をくぐるところからはじまります。慈尊院の裏手丹生官省符神社へ向かう石段の途中に町石道の起点180町石がひっそりと佇み、ここからがいよいよ高野山町石道。しばらく進んだ173町石付近から本格的な登りとなり、紀ノ川の眺望を背後に臨みながら高度を稼いでゆきます。杉林の中を気持ちの良い比較的平坦な地道に入り、一里石を過ぎると「丹生都比売神社」との分岐点である「六本杉峠」へ。ここでは静寂に包まれた天野の里に鎮座する「丹生都比売神社」に是非訪れてみてください。

ここから2つのルートのどちらかを選択して町石道に戻った後、南海上古沢駅をめざして一気に下ります。ゴールの上古沢駅周辺は、日本有数の富有柿の産地としても知られています。