現在表示しているページ
ホーム > 世界遺産 高野・熊野 > 街道マップ|高野巡り・熊野古道

和歌山県街道マップ

和歌山県の街道紹介

高野参詣道

高野参詣道は、高野山麓から高野山への参詣道。空海が切り開き最もよく使われた主要道「町石道」のほか、参詣者の出発地点に応じて「高野七口」と呼ばれる複数の経路がありました。
また高野山境内に立入ることが許されていなかった女性たちが、高野山境内の外周に設けられた各女人堂を巡った「女人道」も。

熊野古道 紀伊路

京都・大阪と熊野を結ぶ紀伊国の主要街道として長い歴史と多くの文化遺産や伝説、そして豊かな自然景観、文化的景観に富む道です。
沿線には、日前宮、紀三井寺、長保寺、道成寺など由緒ある社寺や、白鳥の関、吹上の浜(和歌の浦)、藤白坂、糸我峠、結松など万葉集等の有名な和歌が詠まれた景勝地が点在します。

熊野古道 中辺路

熊野三山に至る熊野参詣道のうち、田辺から本宮、新宮、那智に至る山岳路が、「中辺路」(なかへち)と呼ばれ、長く険しい山道を越える山岳修行の一面もありました。
平安時代から鎌倉時代に皇族貴族が延べ100回以上も繰り返した「熊野御幸」では、中辺路が御幸道となりました。

熊野古道 大辺路

田辺市から那智勝浦町の浜の宮までの海沿い、92kmの区間を指します。
熊野参詣のルートとしては中辺路が多用されたため、大辺路は時間に余裕のある庶民や文人墨客が枯木灘や熊野灘の風景を愛でながら歩いた道であったようです。

熊野古道 小辺路

高野山と熊野本宮を最短距離で結ぶ約70kmの街道を高野街道もしくは熊野古道小辺路といいます。
途中、水ヶ峰、伯母子岳、三浦峠、果無峠と、1000m級の山越えがあり、最短ルートといえどもかなり険しい山岳道です。

南海道を歩く

奈良・平安の時代、紀の川流域を経て万葉の歌が残る和歌浦、また四国へと渡る加太へと至る道。
古に天皇が紀伊国へ行幸された道中を偲び、道筋で詠まれた万葉の歌の景観をイメージし、今に残る文化財を訪ねることができます。

熊野古道や町石道など参詣道を歩かれる際には、歩行距離や所要時間、高低差などについて十分に調べたうえで無理のない行程を立ててください。
また、服装や持ち物などについては、ハイキングや登山に適したものをご準備ください。

PDFファイルの閲覧・印刷には、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です。
お使いのパソコンにAdobe Readerがインストールされていない場合は、下のボタンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。
Adobe Readerのインストール