現在表示しているページ
ホーム > 世界遺産 高野・熊野 > 街道マップ|高野巡り・熊野古道 > 熊野古道中辺路|滝尻王子~継桜王子

熊野古道 中辺路|4 滝尻王子~継桜王子

  • 滝尻王子滝尻王子
  • 高原熊野神社高原熊野神社

平安貴族の藤原宗忠が、「はじめて(熊野権現の)御山の内に入る」と記した滝尻王子にはじまるこのコースからいよいよ熊野三山の神域に入ります。このコースの特徴はアップダウンが激しいこと。スタート地点の滝尻王子と、最高地点の上多和茶屋跡は約600mの標高差があり、滝尻王子からいきなりの急坂が旅人を驚かせます。

そんな厳しいコースの途中には、藤原秀衡ゆかりの「乳岩」、熊野古道中で最古の社殿が残る「高原熊野神社」、西国観音霊場中興の祖「花山法皇」の旅姿を模したといわれる「牛馬童子像」等様々な見所があり、暫し疲れを忘れさせてくれます。

本宮の手前最後の宿所とされた近露の里で宿泊し、南方熊楠翁の手により見事な杉林が残る野中に至る、本格的なコースです。

滝尻王子~継桜王子 その1

PDFダウンロード[752KB]

滝尻王子~継桜王子 その2

PDFダウンロード[716KB]

関連ページ