天空の聖地 高野山 宿坊に泊まろう

高野山の旅は、宿坊選びも魅力のひとつ。
山内の50以上の寺院が宿坊として利用でき、戦国武将ゆかりのお寺、美しい庭や襖絵を楽しめるお寺など、歴史や特徴もそれぞれ。
一般の参拝者も宿泊できるので、高野山に訪れたなら、ぜひ宿坊に泊まって非日常的空間を味わってみませんか。

予約・問合せ (一社)高野山宿坊協会
電話:0736-56-2616

高野山のおたのしみ 宿坊に泊まろう

宿坊5つのキホン

1. 宿泊予約は、高野山宿坊協会に紹介してもらうか、直接お寺に連絡を
2. 朝勤行への参加は自由ですが、せっかくなら早朝からのお勤めに参加してみよう。宿坊ならではの貴重な体験ができます。
3. 精進料理も楽しみのひとつ。肉や魚を一切使わずに調理されたヘルシーなお膳を楽しめます。
4. 飲酒もOK!般若湯[はんにゃとう]と呼ばれるお酒やビールも楽しめます。
5. お寺であることを忘れずに。宿坊ならではのルールやマナーを守って過ごしましょう。

朝勤行体験

高野山の宿坊で毎朝行われる勤行は、御本尊の前で読経や礼拝のお勤めをすることです。声明[しょうみょう]や読経の声が響き渡り、高野山の1日のはじまりを感じることができます。

香油を塗った護摩木を焚いて祈願する真言密教の秘法。間近で燃え上がる炎は迫力満点です。

ある宿坊の一日

15:00 チェックイン
高野山観光を楽しんだ後、宿坊へ。施設の利用方法やお風呂・朝勤行の時間の説明があります。

17:00 夕食・精進料理
夕食は心づくしの精進料理。食事配膳はお坊さんがしてくれます。

20:00 山門が閉まる
お寺の山門が閉められます。外出時はお寺の人に門限を確認しましょう。

22:00 就寝
お寺の朝は早いので、早めに就寝。

6:00 起床

6:30 朝勤行に参加
朝勤行の時間はだいたい30〜60分。静けさの中に僧侶の声が響き、心が澄みわたります。開始時刻はお寺によって異なるので確認を。

7:30 朝食
野菜や豆類中心で素材の味をいかした味付け。

9:00 チェックアウト
心が軽やかで身体が元気になっているのを実感!

和歌山の宿・ホテル 比較 検索
bannar wakayama800
熊野古道の新たな魅力100選
公園バナー
高野巡り・熊野古道 街道マップ バナー
グッドトリップ和歌山
わかやまの逸品
世界遺産「高野山・熊野」聖地巡礼バス
和歌山紀北の観光・グルメ・温泉・ホテル総合情報サイト WAKUTEKU
100人の会
わかやま移住・定住サイト
わかやま食ツーリズム
おいしく食べて和歌山モール
img banner jka-social-action