わかやま記紀の旅 神武東征 八咫烏の導きで初代天皇に

熊野に上陸したカムヤマトイワレビコ一行は、土地の神々を倒し、宿敵も帰順させ、八咫烏の先導で大和国へ。天皇となるべきあまたの試練を乗り越えて、ついに即位に至ります。

熊野へと向かった一行は、狭野[さの](新宮市佐野付近)を越え、神邑[みわのむら]に到着して天磐盾[あまのいわたて]に登り、さらに進みます。しかしその前に、熊野灘で猛烈な暴風雨に見舞われて漂流し、次兄、三兄も亡くし、カムヤマトイワレビコは息子と軍を率いて熊野の荒坂津[あらさかつ]に上陸。ここで地元の豪族・丹敷戸畔[にしきとべ]を倒しますが、待ち構えていた土地の神々の霊気により一行は次々に意識を失い、倒れ込んだそうです。そこへ熊野の高倉下[たかくらじ]という者が剣を持って現れます。カムヤマトイワレビコがその剣を手にすると、軍勢がみな目覚めたばかりか、荒ぶる神々もすべて倒れたのでした。高倉下が持ってきた霊剣・布都御魂[ふつのみたま]は、天神[あまつかみ]たちがカムヤマトイワレビコのために地上へ降ろしたひと振りだったのです。
高倉下は言いました。「夢の中でアマテラスとタカギノカミが、タケミカヅチに『豊葦原瑞穂国[とよあしはらみずほのくに](日本)が騒がしいようだ。お前が行って手助けしてやれ』とおっしゃった。そこでタケミカヅチは『私が行かなくても剣があれば大丈夫です。この剣は高倉下の倉庫に置いておきましょう。おい、高倉下、この剣をカムヤマトイワレビコ様にお届けせよ』とおっしゃり、夢から覚めてお告げどおりに倉庫に行くと、本当に剣があったので持ってきたのです」。

かくしてカムヤマトイワレビコは熊野での苦難を乗り越え、タカミムスビが彼のために遣わした八咫烏の先導で、熊野川を進んで行きました。
日本書紀によると、大和国へ入った一行は吉野から宇陀(奈良県)を、戦いながら進んだそうです。そしてついに、兄イツセを死に追いやった宿敵長髄彦[ながすねびこ]と戦うことに。先の戦で兄が敗れたのは、日神[ひのかみ]の御子[みこ]であるにもかかわらず太陽に向かって戦ってしまったからでした。そこで今回は太陽を背に宿敵と相まみえ、打ち負かします。この時、もうひとりの天孫であり、長髄彦の娘婿だったニギハヤヒは、カムヤマトイワレビコに帰順します。
ようやくすべての敵を倒し、豊葦原瑞穂国を平定したカムヤマトイワレビコは、畝傍山[うねびやま](奈良県)の南東にある白檮原宮[かしはらのみや]で初代・神武天皇として即位。これより、現代に続く天皇の歴史が始まったのです。

[田辺市] [新宮市] [那智勝浦町]神々が棲まう、自然崇拝の地

熊野の神々が最初に降臨した聖地

神倉神社の御神体ゴトビキ岩に降臨した熊野の神々を、景行[けいこう]天皇の時代に、現在の地へ社殿を建てお祀りしたことが当社の起こり。初めての宮という意味で、この地は新宮と称された。主祭神は熊野速玉大神(イザナギ)、熊野夫須美[ふすみ]大神(イザナミ)。

TEL:0735-22-2533
住所:新宮市新宮1
時間:6〜18時(季節により変更あり)
定休日:無休
駐車場:30台

熊野の神々が三山に祀られる以前に降臨された聖跡で、降臨されたゴトビキ岩が御神体である。神武天皇御東征の折、高倉下より神剣を授かった場所で日本書紀にも記されている。急峻な538段の石段は源頼朝の寄進といわれる。

★スタンプ設置ポイント
TEL:0735-22-2533
住所:(熊野速玉大社)新宮市神倉1-13-8
参拝自由
駐車場:13台

熊野詣の最初の到達地

古来多くの人が詣でた熊野三山のひとつとして、家津御子大神[けつみこのおおかみ](スサノオ)を主祭神とする。当社の縁起によると、カムヤマトイワレビコに剣を渡した高倉下は、当社の鎮座する村にいたと伝わっている。境内の社務所前、御神木の下には真っ黒な「八咫烏ポスト」があり、専用の絵馬で手紙を出すこともできる。

TEL:0735-42-0009
住所:田辺市本宮町本宮1110
時間:6〜19時(授与所、社務所は8〜17時)
定休日:無休
駐車場:120台

生命の息吹を感じる、落差日本一の名瀑

カムヤマトイワレビコが熊野に上陸した際、那智の山に光輝くものを見て探り当てたのがこの大滝といわれている。那智の大滝は、熊野那智大社の別宮・飛瀧神社の御神体で、大己貴命[おおなむちのみこと](オオクニヌシ)を祀る。熊野那智大社の境内には、先導の役目を終えた八咫烏が姿を変えて休んでいると伝わる「烏石」もある。

TEL:0735-55-0321
住所:那智勝浦町那智山
時間:7時~16時30分
定休日:無休
駐車場:熊野那智大社内30台(神社防災道路通行料として800円が必要)

熊野川の河口近く、蓬莱山の麓に鎮座する

カムヤマトイワレビコが熊野で狭野の次に上陸したとされる神邑は、当社の鎮座する地域だったといわれており、参道脇に「神武天皇聖蹟熊野神邑顕彰碑[じんむてんのうせいせきくまのかみのむらけんしょうひ」が立っています。また、中国から農耕や捕鯨、造船などの技術を伝えたといわれている徐福ゆかりの地でもあり、境内には彼を祀る「徐福之宮」もあります。

TEL:0735-22-3986
住所:新宮市阿須賀1-2-25
参拝自由
駐車場:4台

スタンプ設置ポイント周辺のおすすめスポット

COLORs

COLORs

スイーツが充実のカフェ

銀行だった建物をリノベーションしたカフェ。地元の人気パティスリーとコラボしたスイーツのほか、フルーツサンド(1個380円〜)が名物。バナナジュースも人気。

TEL:0735-30-4974
住所:新宮市仲之町3-1-4
時間:11〜16時(金・土曜、祝前日のみ20〜24時も営業)
定休日:火・水曜、第3日曜
駐車場:なし

香梅堂

香梅堂

人気の鈴焼は新宮名物

和三盆の上品な甘さが特徴の鈴焼(20個325円〜)は、店を代表するお菓子で、新宮の名物。熊野の名所を描いた熊野名所せんべい(10枚760円〜)もおすすめ。

TEL:0735-22-3132
住所:新宮市大橋通3-3-4
時間:8〜21時(日曜は8時30分〜17時30分)
定休日:不定休
駐車場:10台

和歌山の宿・ホテル 比較 検索
bannar wakayama800
熊野古道の新たな魅力100選
公園バナー
高野巡り・熊野古道 街道マップ バナー
グッドトリップ和歌山
わかやまの逸品
世界遺産「高野山・熊野」聖地巡礼バス
和歌山紀北の観光・グルメ・温泉・ホテル総合情報サイト WAKUTEKU
わかやま移住・定住サイト
わかやま食ツーリズム
img banner jka-social-action