わかやま記紀の旅 みかんのルーツ不老不死の霊菓を探せ

みかんと言えば、和歌山県が誇る収穫量日本一の名産品。この名産品についても、由来が日本書紀で語られています。しかも、ちょっぴり悲しい逸話とともに……。

第11代垂仁[すいにん]天皇の時代のこと。田道間守[たぢまもり]という人物が垂仁天皇の勅命を受け、不老不死の霊菓とされる非時香菓[ときじくのかぐのこのみ]を探す旅に出ることになりました。といっても、その霊菓はどんなものか、どこにあるかもわからないもの。田道間守は、日本国内はおろか遠く異国の地まで探し回り、さらには人間界を飛び越え常世国[とこよのくに]まで足を運びます。とにかく探しに探し、気が付けば10年の月日が経っていたそうです。やがて、垂仁天皇を喜ばせたいという執念が実り、田道間守はついに非時香菓を発見! 早く垂仁天皇に届けようと、日本に戻ります。ところが時すでに遅く、垂仁天皇は田道間守の帰りを待つことなく、崩御されていたのでした。
田道間守は果実の半分を皇后に献上し、残りの半分を垂仁天皇の御陵に捧げるのですが、悲しみに打ちひしがれ、泣き叫び続け、とうとうその場で亡くなってしまったそうです。垂仁天皇の御陵は宝来山古墳(奈良県)にありますが、この時田道間守が持ち帰った果実を最初に移植したとされているのが、海南市にある橘本神社の旧社地「六本樹の丘」だと伝わり、同社には、田道間守が祀られています。

非時香菓は、時季を選ばずいつでも香りのよい果実であるという意味で、現代の橘のことだといわれています。田道間守が持ち帰った橘はその後さまざまな改良が加えられ、やがてみかんとなったのでした。ちなみに現代のようにおいしいお菓子がなかった昔は、お菓子代わりに橘の実を加工して食べていたようです。このような故事にちなみ、橘本神社はみかんとお菓子の神様として田道間守を祀り、全国の製菓関係者から今も崇められています。
現在のようにみかんが和歌山県の名産品となるのは、記紀の時代からかなり時を経た江戸時代、紀州徳川家初代藩主の頼宣公が入国してからのこと。紀州領内を視察した頼宣公はその山がちな地形を目にし、このような地域でも育ちやすいみかんを植えるように指示しました。以後、和歌山県内でみかんの栽培が始まったといわれており、それが今や、収穫量日本一の産地にまで成長しました。

[海南市]潮風香るみかんの里

橘本[きつもと]神社

橘本神社

熊野古道の王子跡に鎮座する

「六本樹の丘」がある場所から明治40年(1907)に熊野古道九十九王子のひとつ、所坂王子跡に遷り、田道間守神と熊野坐大神を祀る。毎年4月第1日曜には全国から菓子業者が集まり、お菓子の神様・田道間守を称え商売繁盛を祈願する全国銘菓奉献祭が開催される。

★スタンプ設置ポイント
TEL:073-494-0083
住所:海南市下津町橘本779
参拝自由
駐車場:5台

田道間守の思いが生きる六本樹の丘

田道間守の思いが生きる六本樹の丘

みかん山が広がる高台にあり、ここからの眺望も楽しみに出かけたい

橘本神社から歩いて10分ほどの所に、田道間守が持ち帰った橘を最初に移植した地があります。植えたのが6本の木だったことから「六本樹の丘」と名付けられ、田道間守の功績を称える石碑の横では今も橘が元気に育っています。その姿を田道間守も喜んでいることでしょう。

※駐車スペースあり

スタンプ設置ポイント周辺のおすすめスポット

常世館[とこよかん]

常世館

和歌山名産のみかんを学ぶ

橘本神社の資料館として令和元年(2019)5月にオープン。みかんに関する資料や、柑橘分類学者の世界的権威、田中長三郎氏による観察記録のスケッチなどが展示されている。

TEL:073-494-0083(橘本神社)
住所:海南市下津町橘本148
料金:大人400円、高校生以下300円
定休日:予約時に要問い合わせ
駐車場:12台

紀伊國屋文左衛門 船出の碑

紀伊國屋文左衛門 船出の碑

荒海を進んだ文左衛門の顕彰碑

下津港に、海を背に立つ紀伊國屋文左衛門船出の碑がある。港から江戸まで荒波を越え、みかんを運び大きな利益を得た紀伊國屋文左衛門を称える顕彰の碑である。

TEL:073-484-2326(海南市物産観光センター)
住所:海南市下津町方2023
散策自由
駐車場:石碑の前に約3台駐車可能

colline

colline

おしゃれカフェでスイーツブレイク

レトロな建物を改装した、木の温もりを感じるカフェ。野菜ソムリエの店主が作るランチのほか、バナナ&ココナッツのケーキ(480円)など自家製スイーツも豊富に揃う。

TEL:073-492-3394
住所:海南市下津町下津785-5
時間:11〜18時
定休日:日・月曜
駐車場:10台

古民家カフェ 叶糸

古民家カフェ 叶糸

庭付き古民家で副菜満載ランチを

自分の家のようにくつろげる古民家カフェ。副菜の盛り合わせやメイン料理が選べる叶糸ランチ(1000円、要予約)がおすすめ。

TEL:073-492-4008
住所:海南市下津町小原254
時間:11〜17時(火曜は〜15時)
定休日:日・月曜
駐車場:5台

中野BC

中野BC

日本庭園がある和歌山の有名酒蔵

日本庭園と日本酒・梅酒の蔵が見学できる酒蔵。併設売店では純米酒 紀伊国屋文左衛門五百万石全量使用(720㎖1100円)の試飲も可。

TEL:073-482-1236
住所:海南市藤白758-45
料金:見学無料、未成年および運転者は試飲不可
時間:9〜17時(16時見学最終受付※要予約)
定休日:無休
駐車場:15台

和歌山の宿・ホテル 比較 検索
bannar wakayama800
熊野古道の新たな魅力100選
公園バナー
高野巡り・熊野古道 街道マップ バナー
グッドトリップ和歌山
わかやまの逸品
世界遺産「高野山・熊野」聖地巡礼バス
和歌山紀北の観光・グルメ・温泉・ホテル総合情報サイト WAKUTEKU
100人の会
わかやま移住・定住サイト
わかやま食ツーリズム
おいしく食べて和歌山モール
img banner jka-social-action