わかやま記紀の旅 聖帝、色を好む…嫉妬深き皇后の涙

民衆のための政治を行ったことで知られる仁徳[にんとく]天皇ですが、困った癖があったことも、記紀では有名です。その癖が原因で嫉妬深い皇后が怒りに打ち震えて取った行動とは、一体何なのでしょう。

仁徳天皇は、治世が「聖の帝の世」と称えられるほど、民衆のために政治を行った天皇として知られています。難波の高津宮[たかつのみや]で天下を治めていた仁徳天皇はあるとき、高い山から見渡した国土に炊事の煙が立っていないことから、民の貧しい暮らしぶりに気付きます。そこで3年間の免税を行って民の生活の立て直しを図るとともに、自身の生活も倹約し、徹底して民を大切にしたそうです。しかし、仁徳天皇に「恋多き帝」という別の顔もあったために、ちょっと困ったことになってしまいます。
仁徳天皇の皇后は大和の豪族である葛城[かつらぎ]氏の娘・磐之媛[いわのひめ]ですが、彼女は記紀に登場する古代の女性の中でオオクニヌシの妻・スセリビメと並ぶほど気性が激しく、嫉妬心が強い女性だったといわれています。古代の天皇は皇后のほかに妃、夫人、嬪という身分の女性を何人も持つことは一般的でしたが、仁徳天皇は磐之媛の嫉妬により、女性たちを宮中に入れることもできません。
また、以前から八田皇女[やたのひめみこ]を妃にしたいと考えていた仁徳天皇でしたが、そのことを磐之媛に相談するも、当然ながら許されませんでした。

あるとき磐之媛は、神事の酒宴で使う柏の葉を採るために紀伊国の熊野岬へ出かけることに。これを絶好の機会だと思った仁徳天皇は、八田皇女を宮中へ招き入れてしまうのでした。
熊野岬からの帰路、難波の港でそのことを知った磐之媛は怒り心頭に発し、採ってきた柏の葉を投げ捨て、山城の筒城岡[つつきのおか](京都府京田辺市)に籠もってしまいます。慌てた仁徳天皇は和歌を送るなどさまざまな努力で磐之媛の心を和らげようとするのですが、まるで効果なし……。磐之媛は怒りおさまらぬまま山城に留まり、5年後亡くなったのでした。
古事記ではこの事件について、仁徳天皇と磐之媛が後日和解したと記されています。神事に使う葉を投げ捨てるほどの怒りですから、そう簡単には和解できなかったことでしょう。なお、この話に出てくる熊野岬は、本州最南端の潮岬だと伝えられています。

[串本町]本州最南端の記紀スポット

潮御崎[しおのみさき]神社

潮御崎神社

本州最南端に鎮座する神社

磐之媛が柏の葉を採りに訪れたころは潮岬の石窟に御祭神の少彦名命[すくなびこなのみこと]が祀られていたと伝わる。現在潮岬灯台が立っている旧社地を経て、明治2年(1869)に現在の地に遷座。潮岬は風がとても強く吹く場所のため、境内が石垣で囲まれているのも特徴的。

★スタンプ設置ポイント
TEL:0735-62-0919
住所:串本町潮岬2878
参拝自由
駐車場:あり

磐之媛はこの葉を採った?マルバチシャ

マルバチシャ

潮御崎神社では春に芽が出て、11月くらいまで葉を見られる。「御綱柏(みつながしわ)」の名で、串本町の文化財に指定されている

潮御崎神社の入口付近と拝殿前に、マルバチシャの木が生えています。「御綱柏」と名付けられたこの木の葉こそ、磐之媛が投げ捨てた柏の葉だと伝えられています。ちなみにマルバチシャは沖縄県から千葉県あたりに分布していますが、近年は絶滅が危惧される希少な木です。

スタンプ設置ポイント周辺のおすすめスポット

140年以上も船を見守る

明治6年(1873)の初点灯以来、海上交通の要所として行き交う船を140年以上見守り続ける白亜の灯台。68段のらせん階段を上り、台上に出ると、眼下に大海原が広がる。

TEL:0735-62-3171(南紀串本観光協会)
住所:串本町潮岬2877
料金:入場200円
時間:9〜16時(5〜9月は〜16時30分)
定休日:無休
駐車場:50台(1日300円)

ダイナミックな南紀熊野の自然を学ぶ

南紀熊野のダイナミックな自然を、大型立体模型に迫力の映像を投影したプロジェクションマッピングや体験装置で学べる。館内ガイドによる案内もある。

TEL:0735-67-7100
住所:串本町潮岬2838-3
料金:無料
時間:9〜17時
定休日:年末年始
駐車場:21台

パンとカフェ nagi

パンとカフェ nagi

パンを目当てに県外から多くの人が訪れる

パンをゆっくり選び、食べてもらえる場所をと、串本町大島に誕生した木造店舗のベーカリー。常時50種ほど揃うパンは、特にハード系が人気で、県外から訪れる人も多い。

TEL:0735-65-0065
住所:串本町大島1158
時間:9時30分〜18時(カフェは10時〜16時30分LO)
定休日:月・火曜
駐車場:4台

奇岩が連なる絶景

海岸線から沖に向かい大小40個あまりの奇岩が並ぶ名勝で、国の天然記念物に指定。弘法大師が架けようとした橋の名残だとも伝わる。

TEL:0735-62-5755(道の駅 くしもと橋杭岩)
住所:串本町くじの川
散策自由
駐車場:51台

TSUBAKI coffee and more

TSUBAKI coffee and more

時間を忘れるN.Y.スタイルカフェ

港近くの倉庫を改装し、本格的なコーヒーと軽食、スイーツを提供。人気のチーズケーキは日替りで3種が揃うほか、軽食もある。

TEL:0735-70-4500
住所:串本町串本2435
時間:9〜19時(日曜は12〜18時)
定休日:水曜
駐車場:6台

和歌山の宿・ホテル 比較 検索
bannar wakayama800
熊野古道の新たな魅力100選
公園バナー
高野巡り・熊野古道 街道マップ バナー
グッドトリップ和歌山
わかやまの逸品
世界遺産「高野山・熊野」聖地巡礼バス
和歌山紀北の観光・グルメ・温泉・ホテル総合情報サイト WAKUTEKU
わかやま移住・定住サイト
わかやま食ツーリズム
img banner jka-social-action